検索
  • 一宇ichiu

不思議な体験ー4

静寂とは


その体験から一週間後、また公案が出されました。次は「静寂とは」という公案です。

これもなんとなくわかります。自分の内面のことを言ってるのでしょう。先程の無と通じるものがあるのかもしれません。自分のイメージとしては、鏡のように静まり返った夜の池の水面のイメージです。心が一切波打っていない状態のイメージはあるのですが、体験したことがありません。一度は体験したいものです。


また先程のインドの聖人の本を買ってきて、読んでは考え、読んでは考えの繰り返しです。また3ヶ月ほどの格闘が続きます。その本には、インドの方であるにもかかわらず、松尾芭蕉の句を詳しく解説してあります。

「古池や蛙飛び込む水の音」の有名な句です。夜の森の中の鏡のように静まりかえった水面に、蛙がチャポンと飛び込む。その波紋が静かに広がっていく。そして、またしばらくすると鏡のように静まりかえる水面。チャポンが逆に静けさを際立たせる。私がイメージしていた感覚とピタリ一致するのですが、やはり解りません。


いつものベンチで、何度も瞑想を試みます。しかし、静寂を得ようと思えば思うほど、私の中の水面は波打つのです。 3ヶ月頑張っても、波は収まりません。

収まらない自分に嫌気がさしました。「自分には無理なんだなぁ。仮に出家して修行してもても、一生かけても訪れない境地なのかもしれない。こんな自分が数ヶ月頑張ったところで、たどり着ける境地では無いんだろうな」と諦めた瞬間、静寂の中にストンと入り込んだんです。本当に、心の中のにストンと入り込んだ感じです。


続く




閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

☆3000人の前世療法で見えてきた【人生の法則Ⅰ】を、完全無料公開 下記「220925法則1公開.pdf」または「人生の法則Ⅰ公開.pdf]をクリックしてください。ダウンロードが始まります。 PC・タブレット向き スマホ向き 台風一過、すっかり涼しくなりましたね。 皆様いかがお過すごしですか? さて、私の一冊目の著書「3000人の前世療法で見えてきた【人生の法則Ⅰ】」も、発刊して6年になろうとして

フォレスト前世療法研究所の一宇です。連載4回目となりました。 まず初めに、前世療法とは今抱えている悩みや問題の大元の原因を前世までさかのぼり、ご本人に思い出していただき、解消するという手法です。私は、このセッションを始めて24年間で約4,000人のクライアントと向き合ってきました。その体験の中で、人生には実に明快な法則があることに気付きました。それは ①すべては私の思い通りになっている。 ②すべて

もともと、私たちの周りで起きている出来事には、実は何の意味もありません。 こういうと、ほとんどの方が否定されると思うのですが、意味がないというのは無意味ということではありません。その出来事そのものが意味を持っているのではなくて、出来事に対して、あなたが意味を与えているということです。そこには体験、現象、事実があるだけなのです。 その出来事、体験に対して自分がどういう基準で判断をし、価値を与えている