検索
  • 一宇ichiu

真実とは

 その静寂を体験した後、また公案がやってきました。次は「真実」とは何か。という難題です。

 今までの2つの公案と違って、見当もつきません。また、聖人の真実についての本を手に入れて、いつものベンチで向き合います。難解な本を読み進めるのですが、なんとなくわかるようで解りません。当たり前のことなのでしょう。その本にも「真実は人によって違う」と書いてあります。聖人の言う真実と、私の言う真実とは違って当たり前なのでしょう。本を読んでわかるはずがありません。また、3ヶ月の格闘が始まりました。


 静寂を体験して、ちょうど3ヶ月目位だったと思います。いつものベンチに座り、瞑想をしようと目を閉じた瞬間のことでした。

 体中の毛穴という毛穴から、答えが染み込んできたのです。表現がおかしいですよね。しかし、そう表現するしかないのです。乾いたスポンジに水が吸い込まれるように、答えがジワッと染み込んできたのです。

 そして、目を開いた瞬間「そこに石ころがある。そこに草が生えている。それが真実だ」と、威厳に満ちた声が入ってきたのです。




 言葉にすると、当たり前のことなんですが、その当たり前の答えが、毛穴という毛穴から、体の奥底に向かって染み込んできたのです。

 その時、二度目の静寂が訪れました。静寂の中に真実が染み入っていく感覚です。水面は静まり返り、夜の木々と月を映しています。目から鱗が落ちると言いますが、それよりは「目が開いた」と言う表現が適切です。

 

まさしく「そこに石ころがある。草が生えてる」のです。



閲覧数:56回0件のコメント

最新記事

すべて表示

☆3000人の前世療法で見えてきた【人生の法則Ⅰ】を、完全無料公開 下記「220925法則1公開.pdf」または「人生の法則Ⅰ公開.pdf]をクリックしてください。ダウンロードが始まります。 PC・タブレット向き スマホ向き 台風一過、すっかり涼しくなりましたね。 皆様いかがお過すごしですか? さて、私の一冊目の著書「3000人の前世療法で見えてきた【人生の法則Ⅰ】」も、発刊して6年になろうとして

フォレスト前世療法研究所の一宇です。連載4回目となりました。 まず初めに、前世療法とは今抱えている悩みや問題の大元の原因を前世までさかのぼり、ご本人に思い出していただき、解消するという手法です。私は、このセッションを始めて24年間で約4,000人のクライアントと向き合ってきました。その体験の中で、人生には実に明快な法則があることに気付きました。それは ①すべては私の思い通りになっている。 ②すべて

もともと、私たちの周りで起きている出来事には、実は何の意味もありません。 こういうと、ほとんどの方が否定されると思うのですが、意味がないというのは無意味ということではありません。その出来事そのものが意味を持っているのではなくて、出来事に対して、あなたが意味を与えているということです。そこには体験、現象、事実があるだけなのです。 その出来事、体験に対して自分がどういう基準で判断をし、価値を与えている