検索
  • 一宇ichiu

はじめに

ある経営コンサル会社のクライアント様向けの毎月のニュースレターに、連載することになりました。

「人生の法則Ⅰ・Ⅱ」とダブル部分が多々ありますが、どうぞご覧下さい。



皆さま始めまして。

フォレスト前世療法研究所代表の陣野智巳です。24年前から前世療法を主体としたカウンセリング・セッションを行っています。

今回、〇〇社長のご好意により、シリーズで連載をさせていただくことになりました。ありがとうございます。

このような内容を社報に掲載していいものか、大いに戸惑いもありますが、〇〇社長をよくご存じの方は「さもありなん」とご理解いただけると思います。また、今これを読まれている方の中には、既に私のセッションを受けられた方も、何人もいらっしゃると思います。


◇前世療法とは


ところで、「前世療法」っていったい何なのか、ご存じない方も沢山いらっしゃると思いますので、まずそこからお話しさせていただきます。

前世療法とは、皆さんが抱えている問題や悩みの大元の原因となっている出来事を、前世までさかのぼって明らかにし、解消していくという手法です。


中には前世そのものも、否定されている方もいらっしゃると思いますが、この仕事を始めて、24年間で3500人以上のセッションの体験から言って、間違いなく前世はありそうですので、その前提でお話を進めさせていただきます。


当方では、私が霊能者や占い師のように、クライアントさんの前世を言い当てるのではなく、クライアントさんご自身を軽い催眠状態に導き、ご本人に思い出していただくということを行いますので、実感を伴い、説得力があり、効果も高い手法です。重要な場面が出てくると、ほとんどの方が号泣されます。


「前世療法」というと、中には「そんな昔のことをほじくり返して何か意味があるんですか?」「そんな昔のことより、今や未来のことが大切なんじゃないですか?」と言われる方が沢山いらっしゃいます。

確かにそうです。何百年も前のことよりも、今や未来のことがはるかに大切です。では、その未来はどうやって作られるのでしょうか。それは、今の思考パターンによって作られていきます。


あなたは、「私は無条件で幸せになれる」「人生は楽しい」「自分は豊かになる資格がある」「私も皆も素晴らしい」と思っていますか?


もしかしたら「幸せになるには苦労が必要だ」「人生は修行の積み重ね」「世の中って大変なところ」「お金を望むのは強欲な人」「ダメな私は頑張り続けなくてはいけない」「こんな自分が認められるわけはない」「苦しみを通じて立派な自分にならなくちゃ」etc…。そんな思い込みがどこかにありませんか?


前者の思考パターンを持っている人は、間違いなく幸せな人生を選択していくでしょう。では、後者の人はどういう選択をしていきそうですか?「苦労や修行」の人生を選択しそうですよね。そうやって、自分の思い通りの人生を、いつの間にか選択しているのです。つまり、自分の思考パターン通りの人生を送っているのです。

しかも、「表層意識」と言われる普段から自覚している思考ではなく、「潜在意識」の部分、さらにはその奥にある「魂レベルの思考」通りの人生を歩んでいるようです。


では、その思考パターンはいつ作られたのか。それは、幼児期の家庭環境や両親との関係、学校での友人関係などの、今世での子供時代の体験はもちろんですが、前世の体験がとても大きい影響をあたえています。


例えば前世で、人を傷つけていたりすると、今世では自分が痛みを体験することを選択していたりします。

あるいは、責任のある立場で、自分の決断によって部下を巻き込んで大変なことになってしまった、という体験があると、今の人生で自信や決断力がなかったり、責任のある立場から逃げようとしたりします。

更には、誰かを救いたかったのに救えなかった、という体験があると、今世で自己犠牲の強い人生を歩んでいたりします。


これは、「罰」が当たっているわけではなく、自らが反省して、自分に課題を課しているようです。痛みを体験することによって、人の痛みが分かる優しい自分になろうと決めて来ていたりするのです。


つまり、前世の体験によって作られた思考パターンが、今や未来の人生に大きく影響を与えているということなのです。そこで、今の人生にネガティブな影響を与えている、大元の原因である思考パターンを作り出した前世の出来事を思い出し、解消することによって、ポジティブな思考パターンに変わり、人生の流れが大きく変わってきます。

今の人生に影響を与えている、大元の原因に直接アプローチしていきますから、高い効果が期待できます。


つまり、「前世療法」というのは、過去を扱う療法ではなく「未来を変える療法」なのです。


では、その思考パターンは誰が作ったのか。間違いなく「自分」ですよね。ということは自分でどうにでもなるということなのです。

さらに言えば、あなたの人生は、あなたの魂の思考通りになっているのです。


思考が変われば人生は変わります。



◇人生の法則


さらに人生には、実にシンプルな法則があるようです。

① すべては私の思い通りになっている。

② 全ての出来事は、私がなりたい私になるために、私が望んだ素晴らしい出来事。

基本的にこの2つの法則によって物事が起きているようです。


先ほどから申していますように、「人生は全てあなたの思い通りになっています」。そう言われるとどうでしょう?

「そんなことはない。幸せになりたいのになかなかなれないし、思い通りに行かない事が多い!!」と言いたくなる人も多いでしょう。以前は私もそうでした。しかし、それでも人生はあなたの思い通りになっているのです。

では、どういう思いが現実化しているか。繰り返しになりますが、それはあなたの奥底にある「思い込み」「思考パターン」が現実化しているのです。思考パターン通りの人生を歩んでいます。


早速ですが、ここで実例を紹介させていただきます。


32歳女性の場合です。


彼女はデザイン関係の仕事で、好きで始めた仕事なのですが、勤務時間がとても過酷でプライベートの時間が全く取れなく、仕事を続けていく自信がなくなっていました。深夜の1時、2時まで働くのは当然のような状況でした。さらに、半年後には結婚を控えているのですが、今の状況では結婚生活もままならないことは、容易に想像できました。

仕事を辞めようか悩んでいるのですが、それも決断できないのです。


しかし、よくよく話を聞いてみると、彼女自身が仕事を必要以上に抱え込み、他の人を頼ってはいけないという思い込みが見えてきました。他の人にお願いすれば、そこまで過酷な状況にはならないようです。しかし、それが彼女にはできないのです。

今これをお読みの方の中にも、そういう状況にお悩みに方もいらっしゃるのではないでしょか。つい色んなものを背負い込んでしまう。自分だけが我慢すれば良い。人に頼ってはいけない。そんな思いを持っている方は沢山います。

しかも彼女の場合は「自分が苦労しなくてはいけない」「自分は幸せになってはいけない」「苦労しないと世の中の出来事や人の苦しみがわからない」と言う強い思い込みがあることが、わかってきました。ですから、自分で自分を過酷な状況に追い込んでいたのです。


そこで、その思い込みを持ってしまった前世へと誘導しました。そうすると、彼女は中世ヨーロッパの人生の場面を話し始めたのです。

前世での彼女は、そこそこの宮殿のお姫様でした。とても恵まれた環境で育っています。しかし、宮殿の中のことしか知らない彼女は、それが当たり前だと思っていました。

18歳になって初めて城の外に出た彼女は、民衆の暮らしを目の当たりにしました。とても衝撃を受けました。「自分だけが幸せだったんだ。城の外はこんなにひどい世界だったんだ」と、とてもショックを受けたのです。


王様である父に「みんなが幸せになる方法は無いのですか?」と尋ねるのですが、王様は「無理だ。身分というものがある」と言うのです。

彼女は苦しみました。もう城の中の生活を楽しむことができません。悩み続けた彼女は25歳になると、長くきれいな髪をバッサリ切り、「この城が世の中を変える力を持っている。どうにかしなければ。まず、自分が外の世界を知ろう」と城を出る覚悟を決めました。

しかし執事に止められ、王様である父に閉じ込められてしまったのです。

閉じ込められた彼女は、風邪をこじらせたのですが、「外ではたくさんの人が苦しんでいる。自分だけが薬をもらうわけにはいかない」と薬を飲むことを拒否し、亡くなってしまったのでした。


死後、魂だけになった彼女は、城の外に出て貧しい人たちの生活を上空から見ていました。そこで気づいたのは、貧しい中にも笑顔があり、幸せがあると言うことでした。

彼女は「次の人生では、笑顔を伝えられる自分になりたい。苦しい人たちの立場に立って、みんなの気持ちを理解できる自分でありたい。笑顔や幸せの素晴らしさを皆に伝えたい」と思って生まれ変わってきていたのでした。

彼女が「苦しい立場に立って、笑顔を伝えられる自分になる」と決めて来ていたのです。その決意通りに「苦しい立場に立つ」人生を送っていたのです。

そこに気づいた彼女は、「もう、苦しい立場に立つ必要はない」ことに気付き、その前提条件を手放すことが出来ました。そうすることで、人を頼ることが出来るようになり、仕事の負担もかなり軽減したそうです。


いかがですか?彼女も自分の思い通りの人生を歩んでいたのです。しかし本人にとっては、それが当たり前だと思っていますので、なかなか気づかないのです。

ましてや、普段自分が認識している表層意識ではなく、自分でもなかなか気づかない魂レベルの思考ですので、ほとんどの方が気づかないまま、今の人生を送っています。

あなたの中には、どんな思い込みがありそうですか?実はその思い込み通りの人生を歩んでいるのです。

そしてその思い込みは、前世で作られている場合がほとんどなのです。


あなたがなりたい自分になるために、自分にとって必要だと思った体験をしようと、今のご両親や、環境を自ら選んで生まれてきました。そして今も、仕事や人間関係を通じて、その選択は続いています。

そこには前世の体験を通じた、魂レベルの深く、そして素晴らしい理由が隠されています。その理由に気付くことによって、全てが感謝に変わってきます。


① すべては私の思い通りになっている

② 全ての出来事は、私がなりたい私になるために、私が望んだ素晴らしい出来事


この2つの法則の意味を深く知ることで、物事の本質が分かってきます。 確かに辛い事や苦しい事はあったけど、実は何一つ悪いことは起きていなかった。素晴らしい事しか起きていなかったことに、気付くことができるのです。今までの辛く苦しい体験を通じて身につけたものが、全て宝物に変わり本当の人生が始まります。 それが当方が行う「前世療法」なのです。 人生のとらえ方や生き方や流れが、大きく変わっていきます。


次回からはこの「人生の法則」を深く解説していこうと思います。出来事の本当の意味に気づいていただければ幸いです。 公式LINE フォレスト前世療法研究所

代表陣野智巳


福岡ルーム:福岡県福岡市南区野間4丁目17-30-402

東京ルーム:豊島区西池袋1丁目9-2

セッションは対面・オンラインどちらでも可能です。

公式LINE:https://lin.ee/glaPhty

メール:forestmind8@gmail.com

電話:090-8626-2601

URL:https://www.88forest88.com/

閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私「そしたら私の言葉の後を続けてごらん」 森「はい」 私「私は」 彼女は涙でしばらく声が出ません。 森「…私は」 私「歌えない苦しみを通じて」 彼女は嗚咽混じりでやっと私の言葉の後を復唱します。 森「歌えない苦しみを通じて」 私「歌えない人たちの苦しみがわかる自分になろうと思いました」 私「しかし、もう私には歌えない苦しみを通じてと言う前提条件は、必要ありません。たったいま、終了します!」 彼女の

私「上手に歌ってはいけないとあなたが思っているものね」 森「え?あー、それはあるかもしれません」 私「そうだよね。ではね、あなたの目の前に上手に歌ってはいけない人がいるとして。これあなたではないよ。あなた以外の誰かが、上手に歌ってはいけないと思っている人がいるとして、なぜその人は上手に歌ってはいけないんだろう?上手に歌うとどうなるんだろう?」 森「何か、上手に歌うと人から何か言われたり、周りの人が