top of page
検索
  • 一宇ichiu

歌を歌えなくなった女性

2021年6月におこないましたオンラインサロンからの抜粋です。参加者の中の1人の女性(森さん)が「歌が大好きなのですが、歌うと声が枯れてしまい、歌えなくなってしまうんです。組んでいたバンドやユニットも、全部やめざるをえませんでした。夢をかなえるのも、前世療法や契約の解除は有効なのですか?」と言う質問に答えるうちに、本格的なカウンセリングになってしまいました。

彼女も気づいていない思考パターンや、深い思い込みに気づくことができ、それを手放すことができました。その内容を抜粋させていただきます。




森「歌が歌いたいのに、歌えないと言う悩みというか…。みんなからは、歌えばいいじゃんと言われるんですけども、1曲の最後のほうになるともう声が枯れてしまって、物理的に歌えないんです。チャンスはいっぱいあるんですけども、バンドやユニットを組んでも、ステージが実現しなくなったりとか、一回だけで終わってしまったりとか。ずっと不完全燃焼が続いているんです。結局諦めて、去年全部やめたんですけど、それもあきらめ切れないというか…。そこで、前回のサロンで言われた「苦行は必要ないです」と言うような、契約の破棄というか、書き換えは夢の実現にも有効なのでしょうか。諦めずに済むのかなあと思って…。それとも、もう諦めてこれを受け入れたほうがいいのか。

 夢に関して前世療法で何かできることがあるのか、教えていただければと思います」

理想としては、老人ホームとかで歌えればと思っています。実は今、老人ホームで朗読をしたりしてるんです。その一環で、歌でも歌わない?と言う話も出ているんです。それができたら楽しいなぁと言うのもあるんです。

ヒーラーのようなところに二軒行ったんですけども、前世で合唱団に入っていて、ねたまれて薬を盛られて、声が出なくなった人生があると言われたんです。本番の時に、カエルのような声になってしまって、歌えなかったと言う体験があるっていわれたんです。その時は、そうなのかなぁと半信半疑でしたが、結局何も変わらなかったんです。

前世のストーリーを書き換えたんですけど、何も変化はなかったです。


歌はずっと歌ってきていて、 R&Bとかブラック系とか、たくさんステージもやってきているんです。 5人のガールズグループとかで、10年ぐらいやっていて、毎年ステージに立ってフェスティバルにも出ているし、ずっと楽しかったんです。しかし、30歳位でこれが枯れ始めて、ボイトレでごまかしごまかしやってきたんですが、もうごまかせなくなって。

もう歳なんだろうなぁと思って。

30歳位から声が枯れ始めて、カラオケも一切いかず何もしてなかったんですが、40歳位になってもう一度再挑戦しようかと思ったんです。かれる前程度で楽しめればいいのかなと思ってるんです。でも、いつか叶えたいなと言うのもあります。来世でもいいんですけど、気持ちを持ち続けていたいなと思います。」


以下、森さんとのやり取りです。


私「上手に歌ってはいけないとあなたが思っているものね」

森「え?あー、それはあるかもしれません」


次回へ


閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何度も言いますが、その『本当の意味』とは、「世の中には、本来素晴らしいことしか起きていない。」ということです。 辛いこと苦しいことは確かに起きますが、悪いことが起きているわけではないのです。信号の例でもわかるように、その時の自分にとって都合が悪いと「悪いことが起きている」、都合が良いと「良いことが起きた」と、私たちが勝手に意味づけをしているだけなのです。ただ勘違いをしているだけなのです。しかし、本

もともと、私たちの周りで起きている出来事には、実は何の意味もありません。 こういうと、ほとんどの方が否定されると思うのですが、意味がないというのは無意味ということではありません。その出来事そのものが意味を持っているのではなくて、出来事に対して、あなたが意味を与えているということです。そこには体験、現象、事実があるだけなのです。 その出来事、体験に対して自分がどういう基準で判断をし、価値を与えている

いきなりですが、人生は自分の思い通りになっています。 そう言われると、皆様どう思いますか? 「そんなことはない! 思い通りになんかまったくいかない!」そう言われる方も多いのではないでしょうか。私もそう思っていました。 みんな間違いなく「楽しくて、イキイキと笑顔に満ちて、豊かな幸せな人生を歩みたい。」と思っています。しかしなかなかそうならない、だから自分の思い通りにはなっていない、と思っている方がた

bottom of page