検索
  • 一宇ichiu

愛猫、20歳で永眠・・・。不思議な出来事。


先日、愛猫のキキが20歳で亡くなりました。 次男が小学校6年生の時に、近くの駐車場から拾ってきた猫です。 手のひらに載るほどの赤ちゃん猫でしたが、最期は歯が抜けた歯茎が炎症を起こし、何も食べれなくなって、枯れるように亡くなりました。 亡くなったその日、不思議なことが起きました。 近所に住む息子夫婦が半年ほど前から2匹の猫を飼い始めていました。 オス猫のオスカーと、メス猫のメスカーです。 名前が洒落ていますが、5歳の孫がつけたそうです。 キキが亡くなった日に、オスカーが一晩いなくなったそうです。 とても心配していたそうですが、次の日の朝何事もなく帰って来ました。 帰って来たオスカーを撫でていた孫が「キキの匂いがする」と言って不思議そうな顔をしてたそうです。

キキは口の炎症で少し匂ってたんですね。 それを孫は覚えていたのでしょう。

息子の嫁が「キキと遊んで来たのかな?」と言うと、孫も「そうかもしれんね」と言ってたそうです。

オスカーは亡くなったキキをお見送りに来てくれてたのかもしれません。 息子の家とは1キロは離れてますので、生前のキキと会うことはなかったと思いますが、その日は一晩かけて会いに来てくれたのかもしれません。 不思議で暖かい出来事でした。

写真は自宅の外壁でくつろいでいる若い頃のキキです。

38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歌を歌えなくなった女性③

私「そしたら私の言葉の後を続けてごらん」 森「はい」 私「私は」 彼女は涙でしばらく声が出ません。 森「…私は」 私「歌えない苦しみを通じて」 彼女は嗚咽混じりでやっと私の言葉の後を復唱します。 森「歌えない苦しみを通じて」 私「歌えない人たちの苦しみがわかる自分になろうと思いました」 私「しかし、もう私には歌えない苦しみを通じてと言う前提条件は、必要ありません。たったいま、終了します!」 彼女の

歌が歌えなくなった女性②

私「上手に歌ってはいけないとあなたが思っているものね」 森「え?あー、それはあるかもしれません」 私「そうだよね。ではね、あなたの目の前に上手に歌ってはいけない人がいるとして。これあなたではないよ。あなた以外の誰かが、上手に歌ってはいけないと思っている人がいるとして、なぜその人は上手に歌ってはいけないんだろう?上手に歌うとどうなるんだろう?」 森「何か、上手に歌うと人から何か言われたり、周りの人が