top of page
検索
  • 一宇ichiu

悩みの本質って?




 今抱えているあなたの悩みっていったい何なのか?

結論から言うと、「あなたが、あなたに課した課題」のようです。

「あなたがなりたい自分になるために、自分に課した課題」

それが、今抱えている悩みです。

と言う事は、悩みを解決するためには、あなたがなりたい自分になる必要があるようです。

なりたい自分になれば、もうその課題は必要なくなりますからね。


 しかし、そこに1つ問題が発生してきます。

あなたが「なりたい自分」が、本当になりたい自分なのかと言うことです。

なんだかややこしいのですけども、「なりたい自分」と「あらねばならない自分」を勘違いしている場合が多いようです。


 あなたの「なりたい自分」ってどんな自分でしょう?

恐らく「優しく思いやりのある自分」「前向きで自信にあふれた自分」「人のお役に立てる自分」と言う感じではないでしょうか。素晴らしいですよね。

それをそのまま求めて、優しさや自信を実践すれば素晴らしい人生になりますよね。

そのための課題や努力であれば、それは必ず報われるでしょう。

しかし「なりたい自分」と「あらねばならない自分」を勘違いすると、話は違ってきます。

「あらねばならない自分」と考えると、どんな感覚になりますか?

なんか窮屈ですよね。両肩が重たくなるような感じがします。

「頑張らねばいけない」「修行しなくちゃ」「立派な人間にならなくちゃ」「自分を犠牲にしても…」と、自分にプレッシャーをかけ、窮屈な人生になりそうですよね。

それどころか、中には「自分は幸せになる資格はない」とか「苦労して当然だ」と思っている人もいます。

そして、自ら苦難を選択している人も沢山います。

そうやって、「なりたい自分」よりも「あらねばならない自分」を優先させてしまう方も多いようです。

あなたはどうですか?

では、なぜ「あらねばならない自分」を優先させてしまうのか。

と言うことで、次回へ・・・・。

閲覧数:90回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何度も言いますが、その『本当の意味』とは、「世の中には、本来素晴らしいことしか起きていない。」ということです。 辛いこと苦しいことは確かに起きますが、悪いことが起きているわけではないのです。信号の例でもわかるように、その時の自分にとって都合が悪いと「悪いことが起きている」、都合が良いと「良いことが起きた」と、私たちが勝手に意味づけをしているだけなのです。ただ勘違いをしているだけなのです。しかし、本

もともと、私たちの周りで起きている出来事には、実は何の意味もありません。 こういうと、ほとんどの方が否定されると思うのですが、意味がないというのは無意味ということではありません。その出来事そのものが意味を持っているのではなくて、出来事に対して、あなたが意味を与えているということです。そこには体験、現象、事実があるだけなのです。 その出来事、体験に対して自分がどういう基準で判断をし、価値を与えている

いきなりですが、人生は自分の思い通りになっています。 そう言われると、皆様どう思いますか? 「そんなことはない! 思い通りになんかまったくいかない!」そう言われる方も多いのではないでしょうか。私もそう思っていました。 みんな間違いなく「楽しくて、イキイキと笑顔に満ちて、豊かな幸せな人生を歩みたい。」と思っています。しかしなかなかそうならない、だから自分の思い通りにはなっていない、と思っている方がた

bottom of page