検索
  • 一宇ichiu

仏法は我一人がためなりけり

上級講座修了生の感想文に、お約束のように出てきていた言葉です。

補足でも書いていましたが、改めて解明をしたいと思います。

正式には「仏法は親鸞一人が為なりけり」です。


親鸞上人は皆さんご存じのように、浄土真宗の開祖です。


その親鸞上人が「仏法は私一人の為にある」と言ってるのです。なんと傲慢なことでしょう。と、受け取ってしまう浅はかな自分がいます。

しかし、何度も咀嚼すると、そこには清々しいほどの覚悟と謙虚さを感じます。


万人に向けられたお釈迦様の教えを、「私一人のためにお話しくださってるという思いで受け止めます」という深い覚悟と、この上もない感謝と、いさぎよさを感じるのです。


上級講座の受講生の皆様も、「私一人のために皆さんが教えてくれている」「全ての出来事が、私一人の気づきのために起きている」という感謝と謙虚さをもって、受講されたのだと思います。

ですから、あの素晴らしい感想が出てくる程の気付きがあったのでしょう。


全ての人、全ての出来事が、私一人のために大切なことを教えてくれています。


「仏法は我一人が為なりけり」改めて謙虚に耳を傾けます。






53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歌を歌えなくなった女性③

私「そしたら私の言葉の後を続けてごらん」 森「はい」 私「私は」 彼女は涙でしばらく声が出ません。 森「…私は」 私「歌えない苦しみを通じて」 彼女は嗚咽混じりでやっと私の言葉の後を復唱します。 森「歌えない苦しみを通じて」 私「歌えない人たちの苦しみがわかる自分になろうと思いました」 私「しかし、もう私には歌えない苦しみを通じてと言う前提条件は、必要ありません。たったいま、終了します!」 彼女の

歌が歌えなくなった女性②

私「上手に歌ってはいけないとあなたが思っているものね」 森「え?あー、それはあるかもしれません」 私「そうだよね。ではね、あなたの目の前に上手に歌ってはいけない人がいるとして。これあなたではないよ。あなた以外の誰かが、上手に歌ってはいけないと思っている人がいるとして、なぜその人は上手に歌ってはいけないんだろう?上手に歌うとどうなるんだろう?」 森「何か、上手に歌うと人から何か言われたり、周りの人が