top of page
検索
  • 一宇ichiu

仏法は我一人がためなりけり

上級講座修了生の感想文に、お約束のように出てきていた言葉です。

補足でも書いていましたが、改めて解明をしたいと思います。

正式には「仏法は親鸞一人が為なりけり」です。


親鸞上人は皆さんご存じのように、浄土真宗の開祖です。


その親鸞上人が「仏法は私一人の為にある」と言ってるのです。なんと傲慢なことでしょう。と、受け取ってしまう浅はかな自分がいます。

しかし、何度も咀嚼すると、そこには清々しいほどの覚悟と謙虚さを感じます。


万人に向けられたお釈迦様の教えを、「私一人のためにお話しくださってるという思いで受け止めます」という深い覚悟と、この上もない感謝と、いさぎよさを感じるのです。


上級講座の受講生の皆様も、「私一人のために皆さんが教えてくれている」「全ての出来事が、私一人の気づきのために起きている」という感謝と謙虚さをもって、受講されたのだと思います。

ですから、あの素晴らしい感想が出てくる程の気付きがあったのでしょう。


全ての人、全ての出来事が、私一人のために大切なことを教えてくれています。


「仏法は我一人が為なりけり」改めて謙虚に耳を傾けます。






閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何度も言いますが、その『本当の意味』とは、「世の中には、本来素晴らしいことしか起きていない。」ということです。 辛いこと苦しいことは確かに起きますが、悪いことが起きているわけではないのです。信号の例でもわかるように、その時の自分にとって都合が悪いと「悪いことが起きている」、都合が良いと「良いことが起きた」と、私たちが勝手に意味づけをしているだけなのです。ただ勘違いをしているだけなのです。しかし、本

もともと、私たちの周りで起きている出来事には、実は何の意味もありません。 こういうと、ほとんどの方が否定されると思うのですが、意味がないというのは無意味ということではありません。その出来事そのものが意味を持っているのではなくて、出来事に対して、あなたが意味を与えているということです。そこには体験、現象、事実があるだけなのです。 その出来事、体験に対して自分がどういう基準で判断をし、価値を与えている

いきなりですが、人生は自分の思い通りになっています。 そう言われると、皆様どう思いますか? 「そんなことはない! 思い通りになんかまったくいかない!」そう言われる方も多いのではないでしょうか。私もそう思っていました。 みんな間違いなく「楽しくて、イキイキと笑顔に満ちて、豊かな幸せな人生を歩みたい。」と思っています。しかしなかなかそうならない、だから自分の思い通りにはなっていない、と思っている方がた

bottom of page