top of page
検索
  • 一宇ichiu

不思議な体験ー2

前回の続きです


その中の一つが、「人生の法則 第一巻」で紹介しました「無」を教えてくれたフクロウとの対面です。いつものように山に行くと、ふと「無とはなんだ」という言葉が入ってきました。入ってきたというよりも、自分の奥底から湧き上がってきたような感覚です。「ええ? 無って? 確かになんだろ? なんとなくはわかるけど・・・。」そこから約3ヶ月間の格闘が始まりました。

 今考えると、ある存在から禅で言う「公案」を出されていたようです。公案とは師匠が弟子に出す問題です。禅問答です。

 インドの聖人と言われる方が書いた「無」に関する本を買い、その難解な内容と3ヶ月間格闘することになりました。その本の内容はとても難解で、2行読めば2分考える、3行読めば3分考える…。そんな感じの繰り返しで、遅々として進みません。しかしそれが、とても心地よくもありました。一冊の本を読むのに3ヶ月もかかってしまいました。


 しかし、本を読んでも「無」の意味がわかるものではありません。本も終盤に差し掛かった頃、いつものベンチに座り本を読みかけた時に、私の足元の地上30センチほどのところを、茶色い鳥が滑るように飛んでいったのです。そして、10メートルほど先にある、人がうずくまった位の大きさの石の上に止まって、こっちを見ました。

 フクロウです。野生のフクロウが真っ昼間にこちらをじっと見ているのです。

普通考えられませんよね。一生のうちにも、まずこんなことはないだろうと、半分混乱しながら、フクロウを見ていました。これは何か特別なメッセージがあるのかもしれない。何かを教えに来てくれたのかもしれない。そう思い、会話を試みますが、何も解りません。5分ほどにらめっこ状態です。


しかし、結局何もわからないまま、諦めて本に目を落としました。そうすると、下の方から犬を連れたおじさんがやってきました。


次回へ



閲覧数:43回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何度も言いますが、その『本当の意味』とは、「世の中には、本来素晴らしいことしか起きていない。」ということです。 辛いこと苦しいことは確かに起きますが、悪いことが起きているわけではないのです。信号の例でもわかるように、その時の自分にとって都合が悪いと「悪いことが起きている」、都合が良いと「良いことが起きた」と、私たちが勝手に意味づけをしているだけなのです。ただ勘違いをしているだけなのです。しかし、本

もともと、私たちの周りで起きている出来事には、実は何の意味もありません。 こういうと、ほとんどの方が否定されると思うのですが、意味がないというのは無意味ということではありません。その出来事そのものが意味を持っているのではなくて、出来事に対して、あなたが意味を与えているということです。そこには体験、現象、事実があるだけなのです。 その出来事、体験に対して自分がどういう基準で判断をし、価値を与えている

いきなりですが、人生は自分の思い通りになっています。 そう言われると、皆様どう思いますか? 「そんなことはない! 思い通りになんかまったくいかない!」そう言われる方も多いのではないでしょうか。私もそう思っていました。 みんな間違いなく「楽しくて、イキイキと笑顔に満ちて、豊かな幸せな人生を歩みたい。」と思っています。しかしなかなかそうならない、だから自分の思い通りにはなっていない、と思っている方がた

bottom of page