検索
  • 一宇ichiu

不思議な体験ー2

前回の続きです


その中の一つが、「人生の法則 第一巻」で紹介しました「無」を教えてくれたフクロウとの対面です。いつものように山に行くと、ふと「無とはなんだ」という言葉が入ってきました。入ってきたというよりも、自分の奥底から湧き上がってきたような感覚です。「ええ? 無って? 確かになんだろ? なんとなくはわかるけど・・・。」そこから約3ヶ月間の格闘が始まりました。

 今考えると、ある存在から禅で言う「公案」を出されていたようです。公案とは師匠が弟子に出す問題です。禅問答です。

 インドの聖人と言われる方が書いた「無」に関する本を買い、その難解な内容と3ヶ月間格闘することになりました。その本の内容はとても難解で、2行読めば2分考える、3行読めば3分考える…。そんな感じの繰り返しで、遅々として進みません。しかしそれが、とても心地よくもありました。一冊の本を読むのに3ヶ月もかかってしまいました。


 しかし、本を読んでも「無」の意味がわかるものではありません。本も終盤に差し掛かった頃、いつものベンチに座り本を読みかけた時に、私の足元の地上30センチほどのところを、茶色い鳥が滑るように飛んでいったのです。そして、10メートルほど先にある、人がうずくまった位の大きさの石の上に止まって、こっちを見ました。

 フクロウです。野生のフクロウが真っ昼間にこちらをじっと見ているのです。

普通考えられませんよね。一生のうちにも、まずこんなことはないだろうと、半分混乱しながら、フクロウを見ていました。これは何か特別なメッセージがあるのかもしれない。何かを教えに来てくれたのかもしれない。そう思い、会話を試みますが、何も解りません。5分ほどにらめっこ状態です。


しかし、結局何もわからないまま、諦めて本に目を落としました。そうすると、下の方から犬を連れたおじさんがやってきました。


次回へ



閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

☆3000人の前世療法で見えてきた【人生の法則Ⅰ】を、完全無料公開 下記「220925法則1公開.pdf」または「人生の法則Ⅰ公開.pdf]をクリックしてください。ダウンロードが始まります。 PC・タブレット向き スマホ向き 台風一過、すっかり涼しくなりましたね。 皆様いかがお過すごしですか? さて、私の一冊目の著書「3000人の前世療法で見えてきた【人生の法則Ⅰ】」も、発刊して6年になろうとして

フォレスト前世療法研究所の一宇です。連載4回目となりました。 まず初めに、前世療法とは今抱えている悩みや問題の大元の原因を前世までさかのぼり、ご本人に思い出していただき、解消するという手法です。私は、このセッションを始めて24年間で約4,000人のクライアントと向き合ってきました。その体験の中で、人生には実に明快な法則があることに気付きました。それは ①すべては私の思い通りになっている。 ②すべて

もともと、私たちの周りで起きている出来事には、実は何の意味もありません。 こういうと、ほとんどの方が否定されると思うのですが、意味がないというのは無意味ということではありません。その出来事そのものが意味を持っているのではなくて、出来事に対して、あなたが意味を与えているということです。そこには体験、現象、事実があるだけなのです。 その出来事、体験に対して自分がどういう基準で判断をし、価値を与えている