検索
  • 一宇ichiu

不思議な体験ー2

前回の続きです


その中の一つが、「人生の法則 第一巻」で紹介しました「無」を教えてくれたフクロウとの対面です。いつものように山に行くと、ふと「無とはなんだ」という言葉が入ってきました。入ってきたというよりも、自分の奥底から湧き上がってきたような感覚です。「ええ? 無って? 確かになんだろ? なんとなくはわかるけど・・・。」そこから約3ヶ月間の格闘が始まりました。

 今考えると、ある存在から禅で言う「公案」を出されていたようです。公案とは師匠が弟子に出す問題です。禅問答です。

 インドの聖人と言われる方が書いた「無」に関する本を買い、その難解な内容と3ヶ月間格闘することになりました。その本の内容はとても難解で、2行読めば2分考える、3行読めば3分考える…。そんな感じの繰り返しで、遅々として進みません。しかしそれが、とても心地よくもありました。一冊の本を読むのに3ヶ月もかかってしまいました。


 しかし、本を読んでも「無」の意味がわかるものではありません。本も終盤に差し掛かった頃、いつものベンチに座り本を読みかけた時に、私の足元の地上30センチほどのところを、茶色い鳥が滑るように飛んでいったのです。そして、10メートルほど先にある、人がうずくまった位の大きさの石の上に止まって、こっちを見ました。

 フクロウです。野生のフクロウが真っ昼間にこちらをじっと見ているのです。

普通考えられませんよね。一生のうちにも、まずこんなことはないだろうと、半分混乱しながら、フクロウを見ていました。これは何か特別なメッセージがあるのかもしれない。何かを教えに来てくれたのかもしれない。そう思い、会話を試みますが、何も解りません。5分ほどにらめっこ状態です。


しかし、結局何もわからないまま、諦めて本に目を落としました。そうすると、下の方から犬を連れたおじさんがやってきました。


次回へ



35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歌を歌えなくなった女性③

私「そしたら私の言葉の後を続けてごらん」 森「はい」 私「私は」 彼女は涙でしばらく声が出ません。 森「…私は」 私「歌えない苦しみを通じて」 彼女は嗚咽混じりでやっと私の言葉の後を復唱します。 森「歌えない苦しみを通じて」 私「歌えない人たちの苦しみがわかる自分になろうと思いました」 私「しかし、もう私には歌えない苦しみを通じてと言う前提条件は、必要ありません。たったいま、終了します!」 彼女の

歌が歌えなくなった女性②

私「上手に歌ってはいけないとあなたが思っているものね」 森「え?あー、それはあるかもしれません」 私「そうだよね。ではね、あなたの目の前に上手に歌ってはいけない人がいるとして。これあなたではないよ。あなた以外の誰かが、上手に歌ってはいけないと思っている人がいるとして、なぜその人は上手に歌ってはいけないんだろう?上手に歌うとどうなるんだろう?」 森「何か、上手に歌うと人から何か言われたり、周りの人が