検索
  • 一宇ichiu

上級講座4期感想文④

陣野先生、皆様とお会いできて、思い切って東京に行って、とても良かったです。


セラピストの心のあり方や、経験が、セッションを深いものにする、ということ、人間は、素晴らしいと思うと、自分の中の当たり前と、他人の中の当たり前にズレがあっても、すべてが、受容できるような気がします。

先生の、「やっと、ここまできたな」

と、しみじみと、おっしゃった時の事が、ずっと心に残っています。

講座の前から、「Yさんに会わなきゃ」と、思っていたことが、わかりました。講座の事を思い返してみて、感じた事は、感覚的な物が、似ているという事でした。

セッションの時、クライアントだった私の迷い、疑いが出た時に、裕子さんが、咳こんだのを自分のせいだと、思えた事、つまりは、自分の発するもので、人に影響を与えるのか、と気づかせて、頂きました。だからこそご機嫌さんでいる事の大事さが、とてもよくわかりました。

「仏法は我一人が為なりけり」ですね

ありがとうございました

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歌を歌えなくなった女性③

私「そしたら私の言葉の後を続けてごらん」 森「はい」 私「私は」 彼女は涙でしばらく声が出ません。 森「…私は」 私「歌えない苦しみを通じて」 彼女は嗚咽混じりでやっと私の言葉の後を復唱します。 森「歌えない苦しみを通じて」 私「歌えない人たちの苦しみがわかる自分になろうと思いました」 私「しかし、もう私には歌えない苦しみを通じてと言う前提条件は、必要ありません。たったいま、終了します!」 彼女の

歌が歌えなくなった女性②

私「上手に歌ってはいけないとあなたが思っているものね」 森「え?あー、それはあるかもしれません」 私「そうだよね。ではね、あなたの目の前に上手に歌ってはいけない人がいるとして。これあなたではないよ。あなた以外の誰かが、上手に歌ってはいけないと思っている人がいるとして、なぜその人は上手に歌ってはいけないんだろう?上手に歌うとどうなるんだろう?」 森「何か、上手に歌うと人から何か言われたり、周りの人が