検索
  • 一宇ichiu

上級講座4期感想文④

陣野先生、皆様とお会いできて、思い切って東京に行って、とても良かったです。


セラピストの心のあり方や、経験が、セッションを深いものにする、ということ、人間は、素晴らしいと思うと、自分の中の当たり前と、他人の中の当たり前にズレがあっても、すべてが、受容できるような気がします。

先生の、「やっと、ここまできたな」

と、しみじみと、おっしゃった時の事が、ずっと心に残っています。

講座の前から、「Yさんに会わなきゃ」と、思っていたことが、わかりました。講座の事を思い返してみて、感じた事は、感覚的な物が、似ているという事でした。

セッションの時、クライアントだった私の迷い、疑いが出た時に、裕子さんが、咳こんだのを自分のせいだと、思えた事、つまりは、自分の発するもので、人に影響を与えるのか、と気づかせて、頂きました。だからこそご機嫌さんでいる事の大事さが、とてもよくわかりました。

「仏法は我一人が為なりけり」ですね

ありがとうございました

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

☆3000人の前世療法で見えてきた【人生の法則Ⅰ】を、完全無料公開 下記「220925法則1公開.pdf」または「人生の法則Ⅰ公開.pdf]をクリックしてください。ダウンロードが始まります。 PC・タブレット向き スマホ向き 台風一過、すっかり涼しくなりましたね。 皆様いかがお過すごしですか? さて、私の一冊目の著書「3000人の前世療法で見えてきた【人生の法則Ⅰ】」も、発刊して6年になろうとして

フォレスト前世療法研究所の一宇です。連載4回目となりました。 まず初めに、前世療法とは今抱えている悩みや問題の大元の原因を前世までさかのぼり、ご本人に思い出していただき、解消するという手法です。私は、このセッションを始めて24年間で約4,000人のクライアントと向き合ってきました。その体験の中で、人生には実に明快な法則があることに気付きました。それは ①すべては私の思い通りになっている。 ②すべて

もともと、私たちの周りで起きている出来事には、実は何の意味もありません。 こういうと、ほとんどの方が否定されると思うのですが、意味がないというのは無意味ということではありません。その出来事そのものが意味を持っているのではなくて、出来事に対して、あなたが意味を与えているということです。そこには体験、現象、事実があるだけなのです。 その出来事、体験に対して自分がどういう基準で判断をし、価値を与えている