検索
  • 一宇ichiu

上級講座4期感想文③

上級講座感想

陣野先生、皆様

とても濃厚な2日間をありがとうございました。

陣野先生がおっしゃったように…

ベストなタイミングで

きっと前世でもとてもご縁の深かったであろう皆様と共に、全員揃って対面で上級講座を受講する事が出来てとても嬉しかったです。

講座を受けるまでは、今更そんなに心が動く事があるのか(毎日、ある程度感謝も感動もしているし…もう、色々出尽くしている氣がして)と不安でしたが…

受けてみて、上級講座を受けた方々がどんどん透明感に溢れて…クリアになって行く理由がわかったように思います。

1日目で、すでに今、自分は生かされているという愛と感謝に包まれている様な感覚でしたが…2日目の『契約の破棄』で更に心も身体もスッキリしました。

言葉にするのはとても難しいのですが…

中級講座で頭で理解していた事をハートに落として、上級講座でハートにあったものを符に落として…1つ軸が通った様な気がします。印象部かかった言葉は、私もゆかさんと同じで『仏法は我一人が為なりけり』でした。自分の為と思ったら、全てが愛おしく、学びと捉えられると思いました。素晴らしい2日間でした。心から感謝申しあげます。ありがとうございました。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歌を歌えなくなった女性③

私「そしたら私の言葉の後を続けてごらん」 森「はい」 私「私は」 彼女は涙でしばらく声が出ません。 森「…私は」 私「歌えない苦しみを通じて」 彼女は嗚咽混じりでやっと私の言葉の後を復唱します。 森「歌えない苦しみを通じて」 私「歌えない人たちの苦しみがわかる自分になろうと思いました」 私「しかし、もう私には歌えない苦しみを通じてと言う前提条件は、必要ありません。たったいま、終了します!」 彼女の

歌が歌えなくなった女性②

私「上手に歌ってはいけないとあなたが思っているものね」 森「え?あー、それはあるかもしれません」 私「そうだよね。ではね、あなたの目の前に上手に歌ってはいけない人がいるとして。これあなたではないよ。あなた以外の誰かが、上手に歌ってはいけないと思っている人がいるとして、なぜその人は上手に歌ってはいけないんだろう?上手に歌うとどうなるんだろう?」 森「何か、上手に歌うと人から何か言われたり、周りの人が