検索
  • 一宇ichiu

上級講座感想②

上級講座を終えて 感想です。

まずは、一宇先生をはじめ皆様に感謝申し上げます。

受ける前からこのメンバーで対面で出来る事、どんな化学変化が起きるのだろうと、とても楽しみにしていました。思っていた以上の感動と感謝があふれ、まさに『仏法は我一人が為なりけり』を体現する二日間となりました。

冒頭から、ここに辿り着くまでの今までを思い出し涙が溢れて、他の方の解釈や質問でさらに理解が深まり、講座の中で投げかけられる問いに、様々な角度から自分自身と向き合う時間になったと思います。

また、セラピストとしての在り方やどこに焦点を当てるかなど、これまでよりさらに深く理解できたと思います。

本当の救いとは何か?どうしたら救えるのか?という視点やクライアントの気持ちを理解しようとする純粋な姿勢は、未熟な今もこれからも大切にして行きたいと強く思いました。

セラピスト役での闇の契約破棄の場面や、クライアント役でのこの世に生まれたばかりの私の神々しく純粋無垢な力強さ(これまでに見た前世も思い出し)

人間としてあえて、振り幅大きく様々な体験をしている様子を目の当たりにして『全ては◯』『素晴らしいことしか起きていない』を見せつけてもらったような気がします。

もう、そのままで大丈夫。ありのままで良いのだと何か吹っ切れたような、清々しい気持ちです。

これまで私の魂が経験して来たこと、学んできたこと、望む在り方を今の人生で発揮し表現して行きたいと思います。

今までただただ、流れに身を任せるだけで、どこか他人任せにしていた自分ですが、

『他力の中の自力』を意識して、努力し実践して一歩ずつまた前に進んで行きたいと思います。

このような機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。

追記

感想を書くのにも、涙が溢れてなかなか文章に起こせませんでしたが、何とか形にできたと思います。

講座後、2、3日はぼーっとして調整が入ったような感じでしたが、誕生日当日は今までいえなかった「生んでくれてありがとう」という言葉を、初めて母に伝えられました。結婚式でも言えなかったのに…。

先生が、絞り出したこの前世療法のお陰で、私もやっと自分の力を存分に発揮していける準備が整って来たように思います。

お互い決めて来た事だとしても、今を生きている身としては、この縁や流れに感激するばかりで、本当に素晴らしいという一言に尽きます。

先生、気づかせていただき本当に本当にありがとうございました😭


24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

歌を歌えなくなった女性③

私「そしたら私の言葉の後を続けてごらん」 森「はい」 私「私は」 彼女は涙でしばらく声が出ません。 森「…私は」 私「歌えない苦しみを通じて」 彼女は嗚咽混じりでやっと私の言葉の後を復唱します。 森「歌えない苦しみを通じて」 私「歌えない人たちの苦しみがわかる自分になろうと思いました」 私「しかし、もう私には歌えない苦しみを通じてと言う前提条件は、必要ありません。たったいま、終了します!」 彼女の

歌が歌えなくなった女性②

私「上手に歌ってはいけないとあなたが思っているものね」 森「え?あー、それはあるかもしれません」 私「そうだよね。ではね、あなたの目の前に上手に歌ってはいけない人がいるとして。これあなたではないよ。あなた以外の誰かが、上手に歌ってはいけないと思っている人がいるとして、なぜその人は上手に歌ってはいけないんだろう?上手に歌うとどうなるんだろう?」 森「何か、上手に歌うと人から何か言われたり、周りの人が